2016.08.06

首位アルビレックス新潟S、リーグ戦2連敗で2位との勝ち点差は「1」に

アルビレックス新潟シンガポール、リーグ戦2連敗で2位との勝ち点差が「1」となった
サッカー総合情報サイト

 2016Sリーグ(シンガポールリーグ)第17節が5日に行われ、アルビレックス新潟シンガポールとブルネイ・ディーピーエムエムが対戦した。カップ戦による中断期間を経て、約1カ月半振りの再開となったSリーグ。アルビレックス新潟シンガポールは12勝2分2敗(勝点38)の首位、対するブルネイ・ディーピーエムエムは6勝4分6敗(勝点22)の3位でこの一戦を迎えた。リーグカップ決勝戦で顔を合わせた両クラブが、戦いの舞台をシンガポールからブルネイへと移しての再戦となった。

 アルビレックス新潟シンガポールは、リーグカップ決勝を出場停止で欠場したMF地頭薗雅弥が先発に復帰。一方のブルネイ・ディーピーエムエムは、ポルトガル人MFのセルジオを出場停止で欠いて臨んだ。

 7分、アルビレックス新潟シンガポールは熊田瑠偉のポストプレーから地頭薗雅弥がミドルシュート。いいコースに飛んだが、GKに弾き出された。14分、田中脩史のスローインを受けた河田篤秀が左サイドを突破してシュートを放つ。これはGKの正面。18分には、地頭薗雅弥の浮き玉パスに熊田瑠偉が抜け出す。GKと1対1になりかけたが、クリアされて先制点とはならなかった。

 28分、試合が動く。アルビレックス新潟シンガポールのバックパスを奪ったブルネイ・ディーピーエムエムは、ペナルティエリア内に進入。飛び出したGK野澤洋輔が相手を倒してPKを与えてしまう。29分、ブルネイ・ディーピーエムエムが、PKを落ち着いて決めて先制に成功する。ブルネイ・ディーピーエムエムが1点のリードを奪い前半を終える。

 52分、アルビレックス新潟シンガポールは山田幹也が前線でボールを奪うとそのまま熊田瑠偉へスルーパスを送る。抜け出した熊田瑠偉が左足で決めてゴール。リーグカップ決勝に続く熊田瑠偉のゴールでアルビレックス新潟シンガポールが同点に追い付く。

 61分、右サイドから途中出場の免田朋己がスルーパスを送ると抜け出した熊田瑠偉が右足で強烈なシュート。決まったかと思われたが、これは右ポストをたたく。72分には右サイドから免田朋己がクロスを送ると完全にフリーになった河田篤秀がファーサイドでボールを受ける。決定的なシーンだったが、河田篤秀のシュートはGKに阻まれた。

 アルビレックス新潟シンガポールは乾達朗、鎌田啓義を入れて攻勢を強める。しかし90分、ブルネイ・ディーピーエムエムはCKをニアサイドでコースを変えるとファーサイドで押し込みゴール。土壇場でブルネイ・ディーピーエムエムが勝ち越し点を奪う。

 アディショナルタイムには野澤洋輔のロングボールを河田篤秀がヘディングで落とすとゴール前の鎌田啓義に決定機が訪れたがGKに防がれ試合終了。公式戦今季4度目の対戦でブルネイ・ディーピーエムエムが初勝利。アルビレックス新潟シンガポールは中断前のタンピネス戦に続く敗戦で今季初の2連敗。第17節を終えて2位タンピネスに勝点差を1に縮められる結果となった。

【スコア】
ブルネイ・ディーピーエムエム 2-1 アルビレックス新潟シンガポール

【得点者】
1-0 29分 ラファエル・ラマゾッティ(ブルネイ・ディーピーエムエム)
1-1 52分 熊田瑠偉(アルビレックス新潟シンガポール)
2-1 90分 ユラ・インデラ・プテラ(ブルネイ・ディーピーエムエム)

小学生向けのサッカー情報誌、待望の第2号!――ワールドサッカーキング9月号増刊『サッカーキング・ジュニア』

[主なコンテンツ]

小学生向けのサッカー情報誌「サッカーキング・ジュニア」の待望の第2号が8月3日に発売。巻頭スペシャルインタビューには香川真司選手を迎え、ジュニア年代からプロ選手になるまでをたっぷりとお話してもらいました。他にも日本代表で活躍する原口元気選手や酒井高徳選手などのインタビューも掲載しています。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
フライブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
グラナダ
10pt
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ボローニャ
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング