2016.07.26

夢のインドフットサルリーグ、ギグス率いるムンバイの優勝で閉幕!

ロナウジーニョと入れ替えで出場したカフー
サッカー総合情報サイト

7月24日、インド・ゴアでインドプレミアフットサルリーグの決勝戦が行われた。決勝はライアン・ギグス率いるムンバイ5s対ミチェル・サルガド率いるコチ5s。前後半が終了した時点でスコアは1対1。会場も緊張感が増し、PK戦に突入。PK戦も両者一歩も譲らない展開に。そして、いよいよレジェンド同士の対決。ギグス、サルガド、両者ともPKを外す結果に。最後キーパー対決までもつれた結果、ムンバイ5sに軍配が上がった。

今年から始まったインドプレミアフットサルリーグ。マーキープレイヤー制度を採用し、各チームに世界的に有名な選手が加入された。ロナウジーニョ(ゴア5s)、サルガド(コチ5s)、クレスポ(コルカタ5s)、ギグス(ムンバイ5s)、スコールズ(ベンガルール5s)、ファルカン(チェンナイ5s)。

*ロナウジーニョは1試合に5点とるなど大活躍したが大会途中ブラジルに帰国、代わりにカフーがゴア5sのマーキープレイヤーに。

マーキープレイヤーとして会場を沸かせたギグス

マーキープレイヤーとして会場を沸かせたギグス

まるでサッカーW杯のような大会。運営側もW杯さながらの演出で会場を盛り上げた。DJやチアダンサーによるパフォーマンス、試合の間にはフリースタイル世界チャンピオンが登場。ゴールが決まると花火やライトの演出。インドらしいド派手な演出で決勝戦を盛り上げた。

こうして、第一回インドプレミアフットサルリーグはギグス率いるムンバイ5sの優勝で幕を閉じた。運営側によると、第二回大会も予定されている。第二回大会ではベッカムやカカの参戦も噂されている。これで、一世を風靡した銀河系軍団がインドに集結することになる。10月からはインドスーパーリーグ(ISL)が開幕。昨年に引き続き、ロベルト・カルロス、マテラッツィ、ジーコが参戦。今年はデリーダイナモスにザンブロッタがコーチとして参戦するなど白熱するインドサッカー。今後の展望に世界中のサッカー関係者が注目している。

(アジアサッカー研究所/木米)

「サムライフットボールチャレンジ」とは、
アジアのサッカークラブや事業者の”中の人”になって、本物のサポーターやスポンサーを相手にリアルな運営を体験し、楽しみながら学ぶ&自分を磨く海外研修プログラムです。ビジネスでも大注目のアジア新興国は、チャンスも無限大。何を成し遂げるかはあなた次第!日本にいては絶対得られない体験をこれでもか!と積重なてもらいます。経験・年齢・性別・語学力不問です。
http://samurai-fc.asia/

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る