2016.07.24

名古屋オーシャンズが2大会ぶり3度目のアジア王者に…PK戦の激闘制す

サッカー総合情報サイト

 AFCフットサルクラブ選手権2016決勝が23日に行われ、名古屋オーシャンズとナフィト・アルワサト(イラク)が対戦した。

 名古屋は4分に吉川智貴のゴールで先制すると、同点に追いつかれて迎えた14分に齋藤功一が勝ち越し点をマーク。しかし2分後に再び追いつかれ、前半は2-2で折り返す。

 後半に入ると、33分にナフィトがダヒール・ハサンのゴールで逆転に成功。なんとか追いつきたい名古屋は残り5分からパワープレーに出ると、39分に酒井ラファエル良男が同点ゴールを奪い、土壇場で試合を振り出しに戻した。

 5分ハーフの延長戦では、43分にナフィトがオウンゴールで勝ち越したが、終了間際の49分に星龍太が強烈なシュートを突き刺し、4-4でPK戦へ突入した。

 先攻の名古屋が6人目まで成功させると、迎えたナフィト6人目のキックをGK関口優志がストップ。PK戦を6-5で制した名古屋が2大会ぶり3度目のアジア王者に輝いた。

【スコア】
名古屋オーシャンズ 4-4(PK:6-5) ナフィト・アルワサト

【得点者】
1-0 4分 吉川智貴(名古屋)
1-1 8分 (ナフィト)
2-1 14分 齋藤功一(名古屋)
2-2 16分 (ナフィト)
2-3 33分 (ナフィト)
3-3 39分 酒井ラファエル良男(名古屋)
3-4 43分 (ナフィト)
4-4 49分 星龍太(名古屋)

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
56pt
FC東京
56pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
72pt
山形
64pt
横浜FC
64pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
52pt
藤枝
50pt
群馬
49pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング