2016.07.21

リベルタ杯決勝、初戦は互角の攻防…インデペンディエンテが終盤に追いつきドロー

ミーナ
同点ゴールを挙げたインデペンディエンテ・デル・バジェのミーナ [写真]=LatinContent/Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 コパ・リベルタドーレス2016決勝ファーストレグが20日、エクアドルの首都キトで行われ、インデペンディエンテ・デル・バジェ(エクアドル)とアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)が対戦した。

 クラブ史上初の決勝進出を叶えたインデペンディエンテは、3分にホセ・アングーロがペナルティアークで左足を振り抜いたが、シュートは枠に飛ばず。対するアトレティコ・ナシオナルは、5分にミゲル・アンヘル・ボルハがロングシュートを放って応戦した。

 22分に右サイドでセットプレーを得たインデペンディエンテは、低めのクロスにアルトゥーロ・ミーナがあごで合わせたが、シュートはキーパーが正面でキャッチ。一方アトレティコは31分にマクネリ・トーレスがミドルレンジからゴールを狙ったが、シュートは枠に飛ばなかった。

 均衡を破ったのはアトレティコ・ナシオナル。35分に前線の中央でボールをキープしたオルランド・ベリオがペナルティアークで右足を振り抜くと、ボールは地を這うように伸びてゴール左隅に突き刺さった。そして39分にはマルロス・モレノのロングシュートが、ドライブシュートのように縦回転してクロスバーをかすめる決定機まで生み出すなど、アトレティコ・ナシオナルが試合の流れを引き寄せていった。

 後半になると、インデペンディエンテは攻撃のギアを上げて相手陣内でボールを回す時間を増やしていく。カウンターやセットプレイなどで何度か決定機を演出したが、相手の堅い守備を崩しきれずにいた。すると69分には一気に前線の2人を交代させて、パブロ・レペット監督は攻撃のリズムを変えようと試みた。だがアトレティコ・ナシオナルは自陣に退いて組織的な守備を徹底していたため、インデペンディエンテはなかなかゴールを奪えずにいた。

 それでもインデペンディエンテの執念は、終盤に実を結ぶ。87分に中盤で間接FKを得ると、ゴール前で相手GKが2度弾いたボールをアルトゥーロ・ミーナが右足でゴールにねじ込んで、スコアをタイに戻した。

 1-1で迎えた後半のアディショナルタイムは5分設けられたが、互いに追加点を奪えず同点で試合終了。決勝のみアウェーゴール・ルールは適用されないため、互角の状況で27日のセカンドレグを迎えることになった。

(記事/Cartao Amarelo)

【スコア】
インデペンディエンテ・デル・バジェ 1-1 アトレティコ・ナシオナル

【得点者】
0-1 35分 オルランド・ベリオ(アトレティコ・ナシオナル)
1-1 87分 アルトゥーロ・ミーナ(インデペンディエンテ・デル・バジェ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る