2016.07.18

欧州最優秀選手賞候補10名が発表…レアルから最多4名、バルサは“MS”のみ

メッシ
2014-15シーズンはメッシが欧州最優秀選手に輝いた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、2015-16シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞候補の10名を公式サイト『UEFA.com』で発表した。

 同賞はヨーロッパのクラブでプレーする選手が対象。UEFA加盟55カ国のジャーナリストがそれぞれ5選手を選んで、1位から5位までランク付けされる。1位の選手には5点、2位の選手には4点と、順位によって得点が加算され、10人の候補者が決まった。

 クラブ別では11度目のチャンピオンズリーグ優勝を果たしたレアル・マドリードから最多の4名が選出。バルセロナはブラジル代表FWネイマールが外れて、“MSN”トリオからはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの“MS”のみが選ばれた。

 UEFA欧州最優秀選手賞の候補者10人は以下のとおり。(カッコ内は左からポジション/代表/15-16シーズン所属クラブ)

ギャレス・ベイル(FW/ウェールズ代表/レアル・マドリード
ジャンルイジ・ブッフォン(GK/イタリア代表/ユヴェントス
・アントワーヌ・グリエスマン(FW/フランス代表/アトレティコ・マドリード
トニ・クロース(MF/ドイツ代表/レアル・マドリード
リオネル・メッシ(FW/アルゼンチン代表/バルセロナ
トーマス・ミュラー(FW/ドイツ代表/バイエルン
マヌエル・ノイアー(GK/ドイツ代表/バイエル)
ペペ(DF/ポルトガル代表/レアル・マドリード
クリスティアーノ・ロナウド(FW/ポルトガル代表/レアル・マドリード
ルイス・スアレス(FW/ウルグアイ代表/バルセロナ

 以上の候補者10名は2度目の選考に進み、8月5日に3人の最終候補者が発表される。そして、受賞者はモナコで8月25日に行われる2016-2017シーズンのチャンピオンズリーグ・グループステージ組み合わせ抽選会で、トロフィーを授与される。

 なお、同賞は2011年より設置。2010-2011シーズンはメッシ、2011-2012シーズンはバルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、2012-2013シーズンは、バイエルンの元フランス代表MFフランク・リベリー、そして2013-14シーズンはC・ロナウドが受賞。2014-15シーズンはメッシが2度目の最優秀選手に輝いた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る