2016.05.28

バロテッリは一体どこへ…トルコの強豪ガラタサライも獲得に動く

バロテッリ
複数のクラブが興味を示すバロテッリ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、来シーズンからトルコでプレーする可能性が浮上した。27日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 同選手は今シーズン、所属元のリヴァプールからレンタル移籍でミランに加入したが、公式戦でわずか3ゴールを記録するにとどまった。同紙によれば、リヴァプールはバロテッリを正式に売却することを望んでおり、トルコのガラタサライが獲得に興味を示しているという。

 ガラタサライは昨シーズンのトルコリーグで優勝を果たしたが、今シーズンは失点の多さが災いし、6位に沈んだ。1月にトルコ代表FWブラク・ユルマズが中国の北京国安へ移籍したこともあり、実績のあるバロテッリで穴埋めを図りたいようだ。

 なお同選手に関しては、ミランがレンタル延長に踏み切る可能性や、セリエAに昇格するクロトーネなどからの関心も報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る