2016.05.28

インテルなどで活躍の38歳…元アルゼンチン代表のサムエルが現役引退

サムエル
2014年夏にインテルからバーゼルへ移籍したサムエル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バーゼルに所属する元アルゼンチン代表DFワルテル・サムエルが現役引退を表明した。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が26日に伝えている。

 サムエルは昨年10月に今シーズン限りでの引退を示唆していた。25日にスイス・スーパーリーグの全日程が終了したことを受け、正式に引退を表明した。

 サムエルは1978年生まれの38歳。“The Wall”と称えられた同選手は1996年にニューウェルズでプロキャリアをスタートし、ボカ・ジュニオルスやローマ、レアル・マドリードを経て2005年にインテルに移籍した。ジョゼ・モウリーニョ監督の指導の下、2010-11シーズンにはチャンピオンズリーグを含む三冠を獲得。2014年夏にインテルからバーゼルに移籍し、今シーズンのスイス・スーパーリーグでは16試合出場で1ゴールを記録した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る