2016.05.25

ビラス・ボアス退任のゼニト…新監督にルチェスク氏「大きな名誉」

ルチェスク
ゼニトの新監督に就任したルチェスク氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ゼニトは24日、新監督にミルチェア・ルチェスク氏が就任したことをクラブ公式サイトで発表した。

 同クラブの前任者であるアンドレ・ビラス・ボアス氏は、2014年3月から指揮を執っていたが、昨秋に今シーズン限りで退任する意向を表明。同氏の退任に伴い、ゼニトは新たにルチェスク氏と1年間の契約オプション付きで2年契約を結んだ。

 ルチェスク氏はインテルやガラタサライなどの監督を歴任し、2004年から12シーズンに渡ってシャフタールを指揮。ルーマニア、トルコ、ウクライナの3カ国で国内タイトルを制覇している。

 クラブを通じて、ルチェスク氏は「ゼニトの監督に就任したことは大きな名誉だね。シャフタールを率いていた頃からこのクラブは何度も話題に上がっていたんだ。サンクトペテルブルクは世界で最も美しい街の一つ。クラブが追い求めている目標を達成して、ファンの期待に応えられるよう努力するよ」と、就任の喜びと今後の抱負を語った。

 ゼニトは今シーズンのロシア・プレミアリーグを3位で終えたが、カップ戦を制覇し来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を獲得している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る