FOLLOW US

ホワイトキャップスFW工藤壮人、あご骨折で手術へ…復帰時期は不明

バンクーバー・ホワイトキャップスに所属するFW工藤壮人 [写真]=Getty Images

 バンクーバー・ホワイトキャップスに所属するFW工藤壮人が、あごを骨折したため、手術を受けることが決まった。クラブ公式サイトが12日に発表した。

 工藤は、11日に行われたMLS(メジャーリーグ・サッカー)のシカゴ・ファイアー戦で、相手GKマット・ランプソンと衝突。舌や唇に裂傷を負って口から流血し、脳震とうの症状もあったため、病院へと運び込まれていた。

 発表によると、検査の結果、工藤はあごの骨折により手術を受ける予定で、復帰時期は現時点で不明だという。

 なお、同試合はパナマ人FWブラス・アントニオ・ペレスの2得点でホワイトキャップスが2-1の勝利を収めた。試合後の記者会見で、カール・ロビンソン監督は「(工藤が負傷した時)副審に許可を得てピッチ内へ入り、駆け寄ったよ。フットボールが関係ないときもある。あの瞬間は彼の状態を確認し、サポートすることが大事だった。この記者会見のあとにも病院へ行くつもりだ」とコメント。「今日はブラスにとって特別な日だろうが、選手たちにはマサトと彼の妻にメッセージを送るよう言ったよ。彼はこのクラブにとって大きな存在だ。(メッセージを受け取ることで)彼も我々がついていると感じるはずだ」と話した。

 また、工藤と衝突したランプソンは、試合後に自身のツイッターで「申し訳ない。クドウが早く回復してくれることを祈っている。あの様なケガを見るのは嫌なことだよ」とメッセージを送っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA