2016.05.12

工藤壮人が口から流血…相手GKと激しく衝突し負傷交代、病院で検査へ

工藤壮人
バンクーバー・ホワイトキャップス所属のFW工藤壮人 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 MLS(メジャーリーグ・サッカー)のバンクーバー・ホワイトキャップスに所属するFW工藤壮人が、11日に行われたシカゴ・ファイアー戦で相手選手との衝突により負傷し、病院へ運び込まれた。クラブ公式サイトが同日に伝えた。

 同試合に先発出場した工藤は11分、味方のパスに反応しペナルティエリア内に抜け出すが、飛び出した相手GKマット・ランプソンと衝突。相手の肩付近に顔を打ち付け、激しくピッチに叩きつけられると、口から血を流してそのまま倒れこんだ。

 意識を失った工藤に、両チームの選手や医療チームがすぐさま駆け寄り、試合は中断。スタジアムにも緊張感が走ったが、その後工藤は立ち上がり、試合19分に観客の拍手と「クドウ・ゴール」の中、医療用の車に乗せられてピッチを後にした。

 クラブによると、工藤は衝突により脳震盪を起こし、舌と唇も噛んでいたという。すでに意識ははっきりしているが、検査のためにバンクーバー市内の病院へ運び込まれている。

 なお、試合はバンクーバー・ホワイトキャップスが2-1で勝利。工藤がMLS初ゴールを挙げた前節のポートランド・ティンバーズ戦に次ぐ2連勝を収めた。

 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る