FOLLOW US

リベルタ杯、王者リーベルがまさかの決勝T1回戦敗退…連覇の夢破れる

リベルタ杯決勝トーナメント1回戦で敗退となった前回王者リーベル・プレート [写真]=LatinContent/Getty Images

 5月3〜5日に行われたコパ・リベルタドーレス決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、リーベル・プレート(アルゼンチン)とインデペンディエンテ(エクアドル)が対戦。リーベルが1-0で勝利を収めたが、2試合合計スコアでベスト8を決めたのは、ファーストレグを2-0で制していたインデペンディエンテのほうだった。

 大量の発煙筒により曇った中で始まった試合は、2点差をひっくり返したいリーベルが相手を圧倒。9分にはアンドレス・ダレッサンドロがペナルティアークから左足でゴールを狙ったが、低く抑えたシュートは枠を捕らえられず。その後もリーベルは前半だけで10本以上のシュートを放ち、積極的に攻め続けた。

ダレッサンドロ

13年ぶりに古巣リーベルへ復帰したダレッサンドロ [写真]=LatinContent/Getty Images

 後半になるとリーベルはさらに攻撃の手を強めて何本もシュートを放ち続ける。52分には右サイドからのクロスにロドリゴ・モラがオーバーヘッドキックで合わせたが、枠を捕らえたシュートはGKにキャッチされた。そして65分にはダレッサンドロがペナルティエリア手前で左足を振り抜いたが、ドライブのかかったシュートはクロスバーを直撃。その後も引き続きリーベルは相手ゴールに迫ったが、決まりそうで決まらないシーンの連続にスタンドを埋めたリーベルプラテンセ(リーベルサポーター)の表情は、次第に曇り始めていった。

モラ

オーバーヘッドキックでゴールを狙ったロドリゴ・モラだが、シュートはGKに阻まれた [写真]=LatinContent/Getty Images

 ひたすら攻め込んだリーベルは、78分になってようやくゴールを奪う。78分に放ったミルトン・カスコのシュートをキーパーが弾くと、こぼれ球に反応したルーカス・アラリオが左足でゴールに沈めた。だがリーベルは30本以上のシュートを浴びせながらも1点に留まり、リベルタドーレス連覇の夢は潰えた。

(記事/Cartao Amarelo)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA