2016.05.05

GK川島の退団も決定的に…降格のダンディー・Uが8選手の放出を発表

川島永嗣
約6カ月の無所属を経て、今季途中からダンディー・UでプレーするGK川島永嗣 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スコットランドのダンディー・Uは4日、2部降格に伴い、今シーズン限りで契約満了となる8選手を放出することをクラブ公式サイトで発表した。

 ダンディー・Uは2日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第35節、ダンディーFCとの“ダンディー・ダービー”で1-2の敗戦。この結果、2試合を残して、1994-95シーズン以来21年ぶりとなる2部降格が決定していた。

 その2日後の4日、クラブはミクス・パーテライネン監督との契約解消を発表。さらに、今シーズン限りで契約満了を迎える選手と新たな契約を結ばないことも決定している。

 退団が決まったのは、スコットランドサッカー選手協会(SPFA)の会長を務めるMFジョン・ランキンや、今シーズン途中に加入した元フランス代表FWフローラン・シナマ・ポンゴルらを含む8選手。その中に、昨年12月に今シーズン終了までの契約で加入した川島の名前はなかったものの、スコットランド紙『スコッツマン』は退団が決定的だと報じている。

 同サイトによると、ステファン・トンプソン会長が2部リーグで戦う来シーズンに向けて、トップチームの全選手と話し合いを実施。「2部降格によって厳しい状況になることをチームに説明しなければならなかった。彼らには経費削減策について話した。心地の良いことではなかったが、彼らと直接会って話をすべきだと思った。ジョン・ランキンは、SPFA会長であり、今回の件に関してよく理解していた。とても役に立ってくれたよ」と説明している。

 また、『スコッツマン』紙によると、ランキンはイギリスメディア『BBC』に対し、「会長は、新契約のオファーを出せないとはっきり言ってくれた。サッカーの観点ではなく、完全に経済的な理由でね。クラブにとって僕ら全員をキープすることは不可能なんだ。サポーターが残って欲しいと望んだとしても、多くの選手がチームを去ってきた。だが、僕らは前に進むよ」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る