2016.04.25

「プーマ トリックス」新作発表イベントにサッカーキング編集部が参加…セスクの気配りに感動!

サッカー総合情報サイト

 プーマは20日、最新のスパイク「トリックス」を発表した。イギリスのロンドンで行われた「トリックス」のローンチイベントに参加したサッカーキング編集部Mがイベントの模様を独占リポート!

 彼は気にしていた。囲み取材の後ろ側で眉間にしわを寄せて険しい面もちの私にだ。そう、私ことサッカーキング編集部Mは英語がからっきし苦手なのである。そんな私が今回の「プーマ トリックス ローンチイベント inロンドン」にアサインされた理由とは、まあ一般平均よりはそこそこボールが蹴れる。これに尽きる。

IMG_1415

 ロンドンの中心街某所、いかにもロンドンっぽい古びたレンガの建物がイベントの舞台。リノベーションされたビル内は、十数大小の部屋に分かれ、まるで迷路のよう。それぞれの部屋はトリックスカラーの「ピンク グロー」「セーフティ イエロー」に装飾され、HIPHOP調のBGMは只ならぬ雰囲気を醸し出している。

IMG_1443
IMG_1452

 世界中の記者・ジャーナリスト8名×8グループが参加し、1グループずつが人工芝の敷き詰められた大部屋で、「パス」「ドリブル」「プレスキック」のアクティビティをこなしながらトリックスのスパイク「エヴォスピード」「エヴォパワー」、アパレルの機能を体験できるのがこのイベントの趣旨である。

Puma_200416-109
Puma_200416-125

「パス」ではスポットライトを照らされた参加者へ、瞬時に判断を下して正確なパスを出さなくてはならないパスゲーム。

IMG_1478

「ドリブル」では立てられた棒をドリブルしながらジグザグでかわして速さを競うリレー。

Puma_200416-187

「プレスキック」では、壁に吊るされたトリックスカラーのペンキ入りボトルを打ち落とすキックターゲット。薄型軽量で、俊敏性とボールの操作性が最大限発揮・体感できる、トリックスの特徴にフォーカスしたアクティビティである。何よりその奇抜なカラーリングがひと際目を引く。

IMG_1486

 そして彼の登場である。「プレスキック」の部屋に入ると、何事もなかったかのように我々の背後からお目見え。お得意の正確なキックを見せるかと思えば、わざと外して(?)場を盛り上げ、参加者がヒットさせるといかにも自分のことのように喜んでハイタッチ。部屋替え後、10mぐらい離れた位置から、参加者が彼の股にボールを通せば質問できるというゲームでも、参加者のレベルに合わせて足の幅を広げる演出。問答の対応も誠実だ。

IMG_1489

 すべてのアクティビティが終わって行われた囲み取材では、各国記者・ジャーナリストよりプライベートの話から、低迷するチェルシーの質問までが飛び交う中、実にスマートに、時に冗談交じりに答える辺りは実に好感が持てる。

Puma_200416-221

 そんな彼だからこそ、気にしたのかもしれない。参加者の中で、そつなくアクティビティをこなし、囲みで遠巻きに質問してこない私のことを…。

「Do you speak English?」と彼。

「a little…」と私。

 残念そうな顔で「Ohh」と彼。気配り屋さんだ。

Puma_200416-232

(通訳を介して質問してもらってますよ、と伝えてもらい安心はしてもらったようだ)
yoshikisan

 アーセナルでキャリアを開花させ、今や同じロンドンに本拠地を構えるライバルチームへの移籍。アーセナルファンには裏切り者と呼ばれるセスク・ファブレガスなのだが、そんな彼の一面に好意を抱いている記者・ファン・サポーターも多いのではないだろうか。少なくとも私は彼のプレミアリーグでのプレー、EUROのプレーでさらに「Play Loud=目立て」してくれるに違いないと期待する一人だ。

「プーマ トリックス」各アイテムの詳細は下記からチェック!
http://bit.ly/1N9RkCV

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る