2016.04.23

今年も日本開催のクラブW杯…オークランドが6年連続のオセアニア代表に

オークランド・シティ
昨季のクラブW杯に出場したオークランド・シティ。開幕戦で広島と対戦した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 OFCチャンピオンズリーグ決勝が23日に行われ、DF岩田卓也が所属するオークランド・シティ(ニュージーランド)とチーム・ウェリントン(ニュージーランド)が対戦。オークランド・シティが3-0で昨季と同カードの一戦を制し、6年連続の優勝を果たした。

 この結果、12月に日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016へオセアニアサッカー連盟(OFC)を代表して出場することが決定した。

 オークランド・シティは、クラブW杯に6年連続8回目の出場となる。2014年にモロッコで開催された大会では、3位決定戦でクルス・アスル(メキシコ)を1-1(PK:4-2)で破り、3位に入る躍進を見せたが、昨季はサンフレッチェ広島に0-2で敗れて初戦で敗退していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る