2016.04.19

チェルシーU19が2年連続の欧州王者に…UEFAユースリーグで大会初の連覇達成

チェルシーU-19
UEFAユースリーグで2連覇を達成したチェルシーU-19 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 UEFAユースリーグ決勝が18日にスイス・ニヨンで行われ、チェルシーU-19とパリ・サンジェルマンU-19が対戦した。

 2013-14シーズンに創設された同大会は、チャンピオンズリーグ・グループステージに出場する32クラブのユースチームと、UEFAリーグランキング上位32か国の国内ユースリーグ優勝チームが参加。出場できるのは19歳以下の選手だが、20歳以下の選手も最大3名までの登録が認められている。

 試合は開始10分、前回王者のチェルシーが先制に成功する。左CKから、中央でジェイク・クラーク・ソルターが頭で合わせるが、相手DFがブロック。そのこぼれ球をフィカヨ・トモリが右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。

 しかしその直後、先制点を挙げたトモリが自陣エリア内で相手選手を倒し、PKを献上。キッカーを務めたパリSGのジャン・ケヴィン・オギュスタンはゴール右へシュートを打つが、反応したGKブラッドリー・コリンズが好セーブ。チェルシーは決定的なピンチを凌ぎ、1点リードで前半を折り返した。

 だが後半58分、パリSGが試合を振り出しに戻す。右サイドから中央へ切り込んだヤコウ・メイテが、左足を振り抜くと、シュートはゴール左隅に突き刺さった。

 同点とされたチェルシーだったが、3分後の61分、味方の縦パスに反応したケイシー・パルマーが抜け出し、エリア内に侵入したところで右足シュート。これがゴール左隅に決まり、勝ち越しに成功した。

パルマー

決勝ゴールを挙げチェルシーU-19のケイシー・パルマー(右)[写真]=Getty Images

 試合はこのままタイムアップを迎え、チェルシーが2-1で勝利し、大会史上初の連覇を達成。すでに来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃しているトップチームに対し、若手選手たちは2年連続で欧州王者に輝いた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング