FOLLOW US

去就注目のトッティ、新天地はアメリカか…ニューヨーク・コスモスと接触

ニューヨーク・コスモスと接触したと報じられたトッティ [写真]=Getty Images

 ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに北米サッカーリーグ(NASL)に所属するニューヨーク・コスモスが接触したようだ。イタリアメディア『Sky』が18日に報じた。

 同メディアによると、現役時代にペルージャやヴィテルベーゼなどイタリアでプレーした経験のある元ベネズエラ代表のジョバンニ・サバレーゼ監督が、トッティの獲得を熱望している模様。トッティは4カ月で50万ドル(5500万円)を要求し、ニューヨーク・コスモスが獲得を検討していると報じられた。

 39歳のトッティは今シーズンのセリエAで8試合出場2ゴールを記録。17日の第33節アタランタ戦では途中出場で同点ゴールを決め、3-3の引き分けに持ち込んだ。ただ、同試合後にルチアーノ・スパレッティ監督と口論をしたと報じられている。

 トッティは今年2月、スパレッティ監督の起用法を批判したことでメンバーから外される時期があった。両者の確執が噂され、イタリアでは今シーズン限りでトッティが現役を引退する可能性が連日のように報じられている。2月23日付のイタリア紙『イル・テンポ』によれば、トッティはローマとの契約更新に向けて動いているものの、クラブ側は幹部入りを希望。双方の思惑は一致していない模様だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA