2016.04.07

詐欺疑惑のネイマール、古巣サントスは6カ月間の出場停止を要求か

ネイマール
バルセロナでプレーするFWネイマール [写真]=Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールの古巣であるサントスが、同選手に対して6カ月間の出場停止処分が下されることを求めているという。インドメディア『Sportskeeda』が報じた。

 2013年にサントスからバルセロナへと移籍したネイマール。その際の移籍金は5700万ユーロ(約72億5000万円)であったと公表されている。

 しかし、実際に支払われた額はそれよりもかなり大きいものだったと考えられており、全てを含めれば同選手の移籍で8620万ユーロ(約109億6000万円)が動き、そのうち4000万ユーロ(約51億円)ほどがネイマールの父の会社に入っているという。

 問題になっているのは、税金の支払いに関するものと、ネイマールの保有権保持者に対する利益の分配をごまかしていたのではないかという点だ。

 表向きには安い価格だったように見せかけ、保有権を一部所有する投資会社やサントスは被害を被ったという形である。

 そして今回ブラジルメディア『O Globo』が伝えたところによれば、古巣サントスが求めている処分は、「ネイマールの半年間出場停止」という厳しいものであるとのこと。

 これはFIFA(国際サッカー連盟)による移籍取り引きの規約第17条に則ったものであり、最大の罰則が6カ月間の出場停止処分と書かれているため、不当な要求ではない。

 なお、その他にもサントスは5500万ユーロ(約70億円)の損害賠償を求めているとのことだ。

 ネイマールは自分が子供の頃から育ってきた愛するクラブから出場停止を求められるという厳しい立場に置かれている。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る