2016.04.05

本田保有のSVホルンが監督解任…リーグ2位も考え方や方向性に違い

クレア
2015年6月からSVホルンを指揮していたクレア監督 [写真]=SV HORN
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑(ミラン)のマネジメント事務所であるHONDA ESTILO株式会社は5日、同社が経営権を持つSVホルン(オーストリア3部)のヨハン・クレア監督を解任したと発表した。

 SVホルンはリーグ戦で現在2位につけているが、発表によると「2部昇格へ向けてチーム一丸となり残りのシーズンを戦う上で、クラブ側と考え方や方向性の違い」があったため、2015年6月から指揮をとる46歳のクレア監督と話し合いを行った結果、解任に至ったという。

 なお、後任は未定で、10日に敵地で行われるリーグ第22節のアドミラ・ジュニア戦は、コーチのクリストフ・ヴェスターターラー氏が監督代行として指揮をとる。

 同クラブに所属するGK権田修一は自身のツイッター(@gonchan20)で「初めての海外挑戦での初めての監督だったわけだけど、Kleer(クレア)が最初の監督で良かった。良いも悪いも本人にハッキリ言える指導者なかなかいないからね! たくさん褒められたし、たくさん怒られた」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る