2016.04.03

アルビレックス新潟Sがホーガンを下して暫定首位に浮上/Sリーグ第6節

アルビレックス新潟シンガポールがホーガンを下して暫定首位に浮上した
サッカー総合情報サイト

 2016Sリーグ(シンガポールリーグ)第6節が2日に行われ、アルビレックス新潟シンガポールはホーガン・ユナイテッドが対戦した。

 前節今季初黒星を喫したアルビレックス新潟シンガポールは2勝2分1敗(勝点8)で3位。一方、ホーガン・ユナイテッドは3勝1分1敗(勝点10)。昨シーズンは最下位に終わったものの、今季は5試合を終えて首位に立っている。3月に人工芝への改修工事が完了したジュロンイーストスタジアムでの最初の試合となった。

 アルビレックス新潟シンガポールは中盤、右サイドにFW河田篤秀が今季初めて右ウィングバックとして出場。前線にはDF熊田瑠偉が昨シーズン以来となるFWとして先発出場。ホーガン・ユナイテッドは、昨季リーグ最優秀選手賞のMF木暮郁哉が先発メンバーに名を連ねた。

 2分、アルビレックス新潟シンガポールは右サイドでFKを獲得するとクロスボールのこぼれ球をFW河田篤秀が右足でシュート。至近距離からのシュートだったがGKの正面。ホーガン・ユナイテッドは3分、左クロスからゴール前でMF木暮郁哉が頭で狙ったが、これは枠を捉えられない。

 34分、アルビレックス新潟シンガポールは右サイドをワンツーで突破したFW河田篤秀が左足でループ気味のシュート。タイミングをずらしたシュートだったがゴールマウスを越えてしまう。38分にはペナルティエリア左でボールを受けたFW鎌田啓義が切り返しからシュート。しかしこれも相手GKの正面で先制とはならない。

 試合は互いに譲らずスコアレスで前半を終える。

 後半開始早々の49分、アルビレックス新潟シンガポールが試合を動かす。ゴール前中央付近でFKを獲得するとキッカーのMF長崎健人がペナルティエリア内にボールを送る。するとオフサイドラインギリギリで飛び出したDF代田敦資が飛び込みそのまま先制。アルビレックス新潟シンガポールがリードを奪う。

 ホーガン・ユナイテッドは63分、右サイドを突破するとクロスボールからゴール前でヘディングシュート。決定的なシーンだったが僅かに逸れる。追加点を狙うアルビレックス新潟シンガポールは64分にDF熊田瑠偉に代えてFW三根和起、71分にFW鎌田啓義に代えてMF乾達朗、83分にMF石山大地に代えてDF免田朋己と前線の選手を入れ替えて攻勢に出る。

 すると86分、GK野澤洋輔が抜群の反応で飛び出しホーガン・ユナイテッドの攻撃を防ぐとその流れから前線でボールを受けたMF乾達朗が切り返しからで2選手をかわすとそのまま左足でシュート。これがゴール右隅に鮮やかに決まり追加点。MF乾達朗の復帰後初ゴールで試合を決定づける。

 試合はそのまま終了し、アルビレックス新潟シンガポールは本拠地ジュロンイーストスタジアムでのホーム開幕戦を制し、今季3勝目。暫定首位へと返り咲いた。

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 2-0 ホーガン・ユナイテッド

【得点者】
1-0 49分 代田敦資(アルビレックス新潟シンガポール)
2-0 86分 乾達朗(アルビレックス新潟シンガポール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る