FOLLOW US

バレンシア守護神、大ケガを克服し10カ月ぶりのブラジル代表復帰

エスパニョール戦で9カ月ぶりの復帰を果たしたバレンシアGKのD・アウヴェス [写真]=Getty Images

 バレンシアの守護神であるGKジエゴ・アウヴェスが、大ケガを乗り越えて10カ月ぶりにブラジル代表復帰を果たした。

 バレンシアでの活躍により、ブラジル代表の常連になりつつあったD・アウヴェスだが、昨年5月23日に行われた昨シーズン最終節のアルメリア戦で右ひざの前十字じん帯断裂ならびに外側半月板損傷という重傷を負い、直後に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)には候補に選ばれていながら出場を逃した。

 当初は全治6カ月から8カ月との診断を受けた同選手だが、リハビリには予想以上に時間が掛かり、2月13日に行われた第24節のエスパニョール戦で9カ月振りとなる公式戦出場を果たした。

 その直後に行われたインタビューでは、「バレンシアで再びプレーすることができ、本当に幸せだ。しかし、僕の最大の目標はブラジル代表に復帰することだ」との熱い気持ちを表していたD・アウヴェス。自身が復帰してからはリーグ戦3勝1敗と、バレンシアの復調に大きく貢献している。

 そして、これを受けたブラジル代表のドゥンガ監督は現地3日、今月25日および29日に行われるFIFAワールドカップ南米予選のウルグアイ代表戦ならびにパラグアイ代表戦に向けたメンバーに同選手を招集。30歳を迎えたベテラン守護神の希望は、思いのほか早く叶う形となった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA