2016.02.23

アルゼンチン代表監督、チリへのリベンジ誓う「再戦を望んでいた」

21日の抽選会で、コパ・アメリカ2016グループリーグの組合せが決定 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アルゼンチン代表を率いるヘラルド・マルティーノ監督が、コパ・アメリカ2016のグループリーグで再戦が決まったチリ代表を相手に前回大会のリベンジを誓った。インドメディアの『スポーツ・キーダ』が22日付で報じている。

 チリで開催されたコパ・アメリカ2015の決勝で、アルゼンチンは開催国チリを相手にPK戦の末、1-4で敗戦を喫した。21日、コパ・アメリカ2016の組み合わせ抽選会が行われ、アルゼンチンはグループリーグで再びチリと激突することが決まった。

 前回大会決勝と同カードの対戦が決まったことについて、マルティーノ監督は「チリとの再戦を望んでいた。決勝トーナメントに進出するためにも、今度は勝利をもぎとりたい」と、リベンジを誓っている。

 さらに同監督は「レオ(バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの愛称)が常に救世主になるとは限らない。チームが彼を支えることが大切だ」とコメントし、他のチームメイトがメッシをサポートする必要性を強調している。

 コパ・アメリカ2016は、6月3日に行われるアメリカ対コロンビアの対戦で開幕する。アルゼンチンはチリ、パナマ、ボリビアと同組のグループDに入った。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る