2016.02.16

豪代表ケーヒルが上海申花を退団へ…昨年11月に契約更新も新監督の構想外

ティム・ケーヒル
上海申花からの退団が濃厚なティム・ケーヒル [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 中国スーパーリーグの上海申花に所属するオーストラリア代表FWティム・ケーヒルが16日、自身の公式インスタグラム(tim_cahill)上でクラブを退団することを発表した。

 2015年2月に上海申花へ加入したケーヒルは、「これを伝えるのはとても残念だけど、僕と上海申花は契約を終了することで合意に達した。昨年の11月に契約を更新したんだけど、(グレゴリオ)マンサーノ監督から構想外だと伝えられた」とつづり、今シーズンから指揮を執るグレゴリオ・マンサーノ監督に戦力として数えられなかったことが契約解除の原因だと明かした。

 続けて「上海申花の素晴らしいサポーター、中国人スタッフ、チームメイトに感謝したい」と感謝の言葉を残した。また、「48時間以内に詳細な手続きが完了し、新たな情報を伝えることができると思う」とコメント。オーストラリアメディア『フットボールオーストラリア』は、ケーヒルに対し複数の中国クラブが興味を示していることや、オーストラリアに復帰することを予想している。

 上海申花は今冬の移籍市場で日本代表DF長友佑都が所属するインテルからコロンビア代表MFフレディ・グアリンを獲得。シアトル・サウンダーズからナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスが加入することが濃厚になっている。なお、同クラブにはマリ代表MFモハメド・シソコやセネガル代表FWデンバ・バらが所属している。

 現在36歳のケーヒルはエヴァートンで長らくプレーした後、2012年7月にニューヨーク・レッドブルズに加入。2013年にはMLS(メジャーリーグ・サッカー)のベストイレブンに選出された。代表としても長らく活躍しており、開催国で優勝を果たした2015年のアジアカップにも出場していた。2015年の中国スーパーリーグでは28試合に出場し、11ゴールを記録していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング