2016.02.07

V・バルデス、ファン・ハール監督との確執否定「彼には感謝しなければ」

マンチェスター・U加入時のV・バルデス(左)とファン・ハール監督(右) [写真]=Man Utd via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 スタンダール・リエージュに所属する元スペイン代表GKビクトル・バルデスが、マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督との関係について言及した。6日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在34歳のV・バルデスは昨年1月、フリー移籍でマンチェスター・Uに加入。1年半の契約を締結したが、ファン・ハール監督との確執により、出場機会どころか背番号すらも与えられないなど、冷遇が続いており、先月にスタンダール・リエージュへのレンタル移籍が発表されていた。

 V・バルデスはバルセロナの下部組織出身で、2002年にトップチームデビューを果たす。当時の指揮官がファン・ハール監督であり、恩師とも呼べる存在であった。同監督について、「ファン・ハールとの間に問題はないよ。20歳の時に、彼が僕を見つけてくれたんだ。当時、『君をトップチームに入れたい』と言ってくれた唯一の監督だった」と話した。

 また、マンチェスター・U加入の際を振り返り、「ひざのじん帯を故障した後、ファン・ハールは最初に声を掛けてくれた。ユナイテッドに入らないかとね。彼に感謝しなければならないし、そのことを決して忘れないだろう。ケガの後、最初の試合を僕に与えてくれたんだ」と続け、感謝の気持ちを語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る