2016.01.19

南米王者チリ代表、サンパオリ監督が続行を表明…一時は退任示唆も

ホルヘ・サンパオリ
2012年からチリ代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督 [写真]=LatinContent/Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 一時的に報じられたチリ代表の監督人事が収束を迎えそうだ。チリ代表を指揮するアルゼンチン人のホルヘ・サンパオリ氏は、引き続きチリ代表を率いる意向を述べた。

 チリ代表を率いて2015年のコパ・アメリカを制したことにより、サンパオリ氏の監督としての評価が高まっていた。先のFIFAバロンドール賞では、バルセロナのルイス・エンリケ監督、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ監督とともに最優秀監督候補に選出されるなど高い評価を得ていた。

 ところがサンパオリ氏はチリでの労働環境に不満があり、一時は退任をほのめかす発言を吐露。その結果、バロンドール賞からの帰国時には、首都サンティアゴの空港で待ち構えていたチリ国民から罵声を浴びる一幕もあった。そして現地チリではサンパオリ氏の代表監督辞任を示唆する記事まで挙がっていた。

 チリサッカー連盟との折り合いについては給与面で揉めているとの報道も一部でなされていたが、連盟ならびにサンパオリ監督の双方は報道について否定している。

(記事/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る