2016.01.11

第2回フットゴルフW杯が閉幕…日本勢トップは群馬県の冨沢

第2回フットゴルフに出場した日本代表
サッカー総合情報サイト

 フットゴルフの「FIFG World Cup 2016アルゼンチン大会」(アルゼンチン、ピラール・ゴルフクラブ)は現地時間10日、個人戦最終ラウンドを行い、群馬県の冨沢和未が通算10オーバーで日本勢では最高位となる80位タイに入った。優勝は地元アルゼンチンのクリスチャン・オテロで通算18アンダー。

 予選を突破した9人の日本勢の中で、冨沢が本来の力を発揮した。予選2ラウンドで11オーバーと厳しいフットゴルフとなったが、この日は3番、8番をバーディとし前半を2アンダーで折り返すと、後半は1オーバーにまとめて1アンダー71。大会を通じて日本代表唯一となるアンダーパーを叩き出し意地を見せた。

 昨年11月のジャパンオープン ファイナルで優勝し代表となった冨沢は、国内のジャパンオープンでは優勝争いの常連。この日は日本代表メンバーがキャディについたことで、精神的に“普段着”のフットゴルフができたことが、好スコアにつながった。

 地元群馬ではフットサルコーチとして活躍中だが、国内のフットゴルフの競技普及とレベルアップへの気持ちは強い。「これが(今大会80位タイ)今の実力。ミスをしないラウンドをすれば、まだまだスコアは伸ばせたはず。今回の経験を日本に戻って糧にしたい。国内のチャンピオンなので、これからは世界を見据えて活躍しなければいけない」。世界の大舞台で日本人トップとなったが、さらなる高みを見据えていた。

 元浦和レッズのディフェンダーで今回日本代表入りした堀之内聖は初日の出遅れが響き、予選で姿を消している。

 なお、前日に行われた団体戦決勝は、アメリカがアルゼンチンを破り初優勝、3位にはオランダがつけた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング