FOLLOW US

元東京VのMF海老澤宏樹がラオス1部に移籍…“アジアの渡り鳥”伊藤壇の支援で

ラーンサーン・Uと契約を結んだ海老澤宏樹(左)

 ラオス・プレミアリーグ(1部)のラーンサーン・ユナイテッドが25日、元東京ヴェルディのMF海老澤宏樹を獲得したと、クラブ公式フェイスブックで発表した。

 現在27歳の海老沢は、2010年に東京ヴェルディに加入するが、ケガなどの影響で1年で退団。フットサルのペスカドーラ町田を経て、2012年にタイへ移籍し、同国内のクラブを渡り歩いて、2014年はチェンマイFCでプレーしていた。そして今回、“アジアの渡り鳥”こと伊藤壇が立ち上げた『チャレンジャス・アジア』のサポートを受け、元大分トリニータMF内田昂輔らが所属するラーンサーン・Uに加入が決定した。

『チャレンジャス・アジア』は、アジア18の国と地域でプレーした経験があるプロサッカー選手のMF伊藤壇によって、アジアで日本人選手を支援するために設立された。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO