2015.12.11

サンタフェがコロンビア初のコパ・スダメリカーナ制覇…スルガ杯で鹿島と対戦へ

インデペンディエンテ・サンタフェ
コパ・スダメリカーナ2015を制したインデペンディエンテ・サンタフェ [写真]=LatinContent/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コパ・スダメリカーナの決勝セカンドレグが9日にコロンビアの首都ボゴタで行われ、インデペンディエンテ・サンタフェとウラカンが対戦した。試合はスコアレスドローで90分を終了。2試合合計スコアが0-0でPK戦に突入した末に、サンタフェが優勝を果たし、コロンビア勢として初のスダメリカーナ王者となった。

 前半のボール支配率は互角だったが、サポーターの大声援を背にサンタフェのほうが多くのチャンスを作った。前半41分にはコーナーキックを得たが、頭で合わせたダニエル・アングーロのシュートはGKにキャッチされた。

 0-0で迎えた後半、サンタフェは積極的な采配で先制点を狙いにいったが、相手の堅い守備を崩しきれず。試合はスコアレスのまま延長戦に突入した。

 サンタフェは延長前半13分にオマール・ペレスが右サイドからシュートを放ったが、GKに阻まれてしまう。一方、劣勢のウラカンは延長後半11分に前線でボールを競ったラモン・アビラが、フランシスコ・メサの胸を殴って退場すると、ウラカンは守備を固めてPK戦にもつれ込ませた。

 タイトルを賭けた運命のPK戦。3人全員が決めたサンタフェに対し、ウラカンは3人目のフェデリコ・マンシネッリしか決められなかった。パトリシオ・トランソの蹴ったボールがクロスバーに嫌われた直後、サンタフェはGKロビンソン・サパータを中心とする歓喜の輪を形成して優勝の喜びに浸った。

 なお、優勝したサンタフェは、コパ・リベルタドーレス2016、レコパ・スダメリカーナ2016、そして今季のヤマザキナビスコカップ覇者である鹿島アントラーズと対戦するスルガ銀行チャンピオンシップ2016の出場権を獲得した。

(記事/Cartao Amarelo)

【スコア】
インデペンディエンテ・サンタフェ 0-0(PK戦:3-1) ウラカン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る