FOLLOW US

マケドニア1部リーグ「FK ラボトニツキ」が日本企業の傘下へ

FKラボトニツキの経営参画を発表した『ARC Doo』代表の立川氏(写真中)

 8日、エムコンサルティンググループ株式会社のマケドニア法人である『ARC Doo』がマケドニアのサッカークラブ「FK ラボトニツキ」の株式を取得し、来シーズンよりヨーロッパリーグ1部の経営に参画することを発表した。

『ARC Doo』代表の立川光昭氏は、経営参画の目的について「日本人がチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグに定期的に出場できる機会をつくりたい」、「経営陣も欧州クラブの神髄に触れたい」と説明。来年の1月から現地に日本人スタッフを派遣し、将来的には日本人選手を獲得するプランも明かしている。

「FK ラボトニツキ」は国内リーグ4度の優勝を誇るマケドニアの強豪クラブ。今シーズンはEL予選2回戦でトルコのトラブゾンスポルを下し、プレーオフでロシアのルビン・カザンと互角の勝負を繰り広げるなど、近年、着実に力をつけている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO