2015.12.07

ポートランド・Tが最速27秒弾でMLS初制覇…引退の鈴木隆行が過去に所属

ポートランド・ティンバース
MLS年間王者に輝いたポートランド・ティンバース [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 MLS(メジャーリーグサッカー)カップ2015決勝が6日に行われ、ポートランド・ティンバーズが初優勝を果たした。

 同カップは、MLSの年間チャンピオンを決めるプレーオフの決勝戦。レギュラーシーズンにおける東西各カンファレンス(各10チーム)の上位6チームがプレーオフに参戦し、トーナメント形式でMLSカップ決勝に進出する各カンファレンス王者を決める。今大会は、東カンファレンスでレギュラーシーズン2位のコロンバス・クルーと、西カンファレンスで同シーズン3位のポートランド・ティンバーズが決勝に駒を進めた。

 今シーズンのMLS年間王者を決める試合は、大会史上最速ゴールで幕を開けた。バックパスを受けたクルーGKスティーヴ・クラークがトラップミスから慌ててクリアを試みる。だが、そこに詰めていたディエゴ・バレリがスライディングでブロックに入ると、ボールは足に当たり、そのままゴールネットを揺らした。開始わずか27秒で先制に成功したポートランドは、勢いに乗って7分に追加点を挙げる。右サイドのルーカス・メラーノがクロスを供給。中央に走り込んだロドニー・ウォレスがダイビングヘッドで合わせて、ゴール左隅に決めた。

 早々に2失点を喫したホームのクルーは、17分に反撃が実る。ハリソン・アッフルが右サイドからクロスを入れると、中央に飛び込んだジャスティン・メラムが頭で合わせるが、うまくミートせずボールは真上に飛ぶ。だが、反応したポートランドGKアダム・ラーセン・クワラセイがキャッチミス。エリア内中央で混戦になるが、最後はケイ・カマラが押し込んで1点を返した。

 序盤に立て続けに得点を挙げた両チームだが、その後は一転して膠着状態が続く。後半に入ってポートランドが何度か決定的なチャンスを作るが、クロスバーやポスト、GKクラークの好セーブなどに阻まれて追加点は生まれず。結局、このままタイムアップを迎え、ポートランドが2-1で勝利し、MLS初制覇を果たした。

 MLS年間王者に輝いたポートランドは、2016-17シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグ出場権を獲得。なお、同クラブは本日7日に現役引退会見を行った元日本代表FW鈴木隆行氏が2008年から2010年に所属していた。

【スコア】
コロンバス・クルー 1-2 ポートランド・ティンバーズ

【得点者】
0-1 1分 ディエゴ・バレリ(ポートランド)
0-2 7分 ロドニー・ウォレス(ポートランド)
1-2 18分 ケイ・カマラ(クルー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
28pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る