2015.11.14

南米予選でピッチにドローンが落下…GKが回収も試合は一時中断

ウルグアイ代表のカバーニ(左)とムスレラ(右) [写真]=LatinContent/Getty Images
南米サッカーの今を日本語でお届けする南米サッカー情報サイト

 2018 FIFAワールドカップロシアの出場権を賭けて行われている南米予選の試合中に、珍事が起こった。

 珍事が起こったのは、12日にエクアドルの首都キトで行われたエクアドル代表対ウルグアイ代表戦の36分。ウルグアイがコーナーキックを得てニコラス・ロデイロがコーナーアークへ向かったところで、主審はコーナーキックを蹴るのを待つようロデイロに促した。その理由は、ウルグアイの陣地にドローンが落下したためであった。

 落下したドローンはウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラが拾うと、ピッチに入ってきたボールボーイにそれを渡し、ボールボーイはドローンを手に足早にピッチサイドへと走っていった。この影響で試合は40秒程度中断した。

 なお、このドローンは誰がどの方向から飛ばしたものかは不明となっている。

(記事/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る