2015.11.14

FIFAランク1位のベルギー、開始3分に失点も3発でイタリアに逆転勝利

ヴェルトンゲン
ヴェルトンゲン(右)同点弾を喜ぶナインゴラン(中央)とデ・ブライネ(左)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 国際親善試合が13日に行われ、ベルギー代表とイタリア代表が対戦した。

 最新FIFAランキングで初の首位浮上を果たしたベルギーが、同国のブルージュにあるボードゥアン国王競技場に、同13位イタリアを迎えての一戦。両チームともユーロ2016の本戦出場を決めている。

 試合前に両チームは、30年前に起きた『ヘイゼルの悲劇』を追悼。1985年5月29日にヘイゼル・スタジアム(改修前のキング・ボードワン・スタジアム)で行われたチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)決勝のユヴェントスとリヴァプールの対戦で、サポーター同士の衝突をきっかけに観客39名が命を落としていた。

 試合は、アウェーのイタリアが開始わずか3分で先制に成功する。右サイドのMFアレッサンドロ・フロレンツィの折り返しに、中央でグラツィアーノ・ペッレが右足でダイレクトシュート。これはGKシモン・ミニョレに弾き返されるが、ファーサイドのアントニオ・カンドレーヴァがこぼれ球を押し込み、ゴールネットを揺らした。しかし13分、右CKからケヴィン・デ・ブライネのボールに、DFを振り切ったヤン・ヴェルトンゲンがダイビングヘッドでシュートをゴール左隅に突き刺した。ベルギーが同点に追いつき、前半は1-1で折り返す。

 後半に入って再び試合が動いたのは74分。ベルギーは、ミヒー・バチュアイがペナルティエリア内中央で倒れ込みながら右足シュートを放つが、GKジャンルイジ・ブッフォンに阻まれる。だが、そのこぼれ球に反応したデ・ブライネがボールを左足で叩きつけると、シュートはブッフォンの頭上を越えてゴールに吸い込まれた。逆転に成功したベルギーは82分、エリア手前でボールをキープしたヤニック・フェレイラ・カラスコがラストパス。これに反応し、エリア内左に抜け出したバチュアイが、ダイレクトで左足を振り抜き、ニアサイドを突いてゴール左隅に決めた。

 試合はこのまま終了し、ベルギーが3-1でイタリアに逆転勝利を収め、FIFAランク1位の実力を見せつけた。

 ベルギーは17日に行われる親善試合でスペイン代表とホームで対戦。イタリアは同日にルーマニア代表をホームに迎える。

【スコア】
ベルギー 3-1 イタリア

【得点者】
0-1 3分 アントニオ・カンドレーヴァ(イタリア)
1-1 13分 ヤン・ヴェルトンゲン(ベルギー)
2-1 74分 ケヴィン・デ・ブライネ(ベルギー)
3-1 82分 ミヒー・バチュアイ(ベルギー)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る