2015.11.12

FIFAブラッター会長、神経衰弱で入院…汚職事件で職務停止処分中

FIFA会長のブラッター氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 汚職事件により90日間の職務停止処分を受けているFIFA(国際サッカー連盟)のゼップ・ブラッター会長が入院していることが明らかになった。11日、イギリスメディア『BBC』が報じている。

 ブラッター会長は2005年にCFU(カリブ海サッカー連合)と放映権に関する契約を結んだ件に関して、背任の容疑がかけられている。また、UEFA(欧州サッカー連盟)会長のミシェル・プラティニ会長に対し200万スイスフラン(約2億5000万円)の賄賂を支払ったとして、贈賄の容疑によりスイス検察から事情聴取を受けた。

 これを受けて、FIFAの倫理委員会は10月8日、ブラッター会長に対し90日間の職務停止処分を科すことを発表していた。期間中はあらゆるサッカー関連の活動が禁止されている。

 同メディアによると、現在79歳のブラッター会長は神経衰弱が原因で6日から入院しており、17日まで入院する予定だという。担当の医者は完全に回復することが可能だと見込んでいる。また、同会長を担当するリチャード・カレン弁護士は「彼は元気で、すぐに家へ帰れると思う」とコメントした。

 なお、6月にブラッター会長は辞意を表明しており、次期FIFA会長選が来年2月26日に行われる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る