2015.11.11

サプライズ狙うシンガポール代表監督「明日はパーティータイムだ!」

シュタンゲ
シンガポール代表のベルント・シュタンゲ監督 [写真]=兼子愼一郎
サッカー総合情報サイト

 シンガポール代表のベルント・シュタンゲ監督が翌日に日本代表戦を控えた11日にシンガポール市内で記者会見を実施。日本代表との一戦をシンガポールの選手やファンが待ち望んでいることを紹介し、「明日の偉大な試合を心から楽しみにしている。これはパーティータイムだ!」と胸躍らせた。

 シンガポール代表は6月の対戦でゴール前を固めて守備意識を高め、GKイズワン・マフブードがスーパーセーブを連発したこともあって、敵地でスコアレスドローに持ち込んだ。この試合は日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「魔の経験」と称するなど、指揮官や選手たちにとって苦い経験となっており、ハリルホジッチ監督は今回の対戦を「リベンジマッチ」と位置づけている。

 だが、シュタンゲ監督は前回のスコアレスドローを「ただのアクシデント。確かに予想外で私も驚いたが、サッカーはサプライズを起こせるスポーツだ」と振り返り、「我々との試合はリベンジマッチには値しない。明日の試合は誰もが日本が勝つと思っている。だが、だからこそチャンス。アウトサイダーは気楽に戦うことができる。我々にとっては大きなチャンスだ。明日は新しいサプライズを起こしたい。シンガポールの選手やファンにとってはグレートチャレンジになる」と意気込んだ。

 シンガポール代表は現在、グループEで5試合を消化して勝ち点10の3位。ここで日本代表から勝ち点を奪えば、11月17日にホームで対戦するシリア戦の結果次第で最終予選進出、そして同時に2019AFCアジアカップUAEの出場権獲得が見えてくる。それが彼らにとっての「最大の目標」(シュタンゲ監督)となる。帰化選手なしでアジアのトップレベルを見据える現在のシンガポール代表を「誇りに思う」とした指揮官。「何も約束はできないが、明日何が起こるかを見てほしい」と不敵な笑みを浮かべたシュタンゲ監督の下、シンガポール代表がホームで6月以上の番狂わせを狙う。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る