2015.11.08

味方の遅延行為を見抜き激怒…ルーマニアの伝説的英雄が称賛受ける

ゲオルゲ・ハジ
かつてルーマニア代表として活躍したゲオルゲ・ハジ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ルーマニアの英雄でルーマニア1部リーグのヴィトルル・コンスタンツァでオーナー兼監督を務めるゲオルゲ・ハジ氏が、味方選手の遅延行為を見抜いて喝を入れた場面が欧州メディアで称賛を集めている。7日付のイギリス紙『メトロ』などが報じた。

 1980年代から90年代にかけて活躍し、94年のワールドカップではルーマニア史上最高成績となるベスト8進出に貢献するなどした元同国代表MFのハジ氏が、6日にホームで行われたアストラ戦で味方選手が見せたシミュレーション(審判を欺く行為)に激怒した。

 1-0のリードで迎えた40分、タッチライン際の接触プレーで味方MFロマリオ・ベンザルが倒れ、痛みをアピールしてチームドクター2人を呼び寄せると、その後ろからプレー続行中のピッチを気にしながら猛スピードで駆け寄ったハジ氏が、ドクターを押し退けて同選手にプレーを再開するよう叱りつけた。

 その甲斐むなしく、試合は1-2で逆転負けを喫してしまったものの、現代サッカー界に蔓延する悪しきシミュレーション(審判を欺く行為)を敵味方関係なく一切容赦しないハジ氏の潔さに欧州メディアからは「これぞ一流」、「英雄らしい行動」などと称賛の声が上がっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る