2015.10.26

20歳で死去した慈善活動家を悼むベッカム氏「言葉では言い表せない」

写真はベッカム氏のインスタグラムのキャプチャ
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 24日、イギリスで最も有名な慈善活動家の一人であったカースティ・ハワード氏が20歳の若さで死去した。これを受けて、元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏は自身のインスタグラムにコメントを投稿し、死を悼んだ。

 1995年に生まれたハワード氏は先天的に心臓が前後逆になっており、世界でも2人しかいない病気を抱えていた。そのため、幼少期から酸素吸入が常に必要になり、4歳まで生きられないと言われていた同氏。しかしながら治療の結果、奇跡的に命を長らえていた。

 同氏は、自分の名前を使った慈善財団を設立し、多数の募金活動やチャリティーで活躍し、数多くの表彰を受けてきた。

 2001年に行われたワールドカップ・ヨーロッパ予選のイングランド対ギリシャの一戦で、ハワード氏とともに入場したベッカム氏。その後コモンウェルス・ゲームズでも再会するなど長く交流を続けてきた。

 しかし、ハワード氏が20歳の誕生日を迎えて間もない24日の朝、家族に見守られながら息を引き取ったと発表された。彼女が生涯で少年ホスピスに寄付した額は実に750万ポンド(約14億円)に及んだという。

 ベッカム氏は、「この若き女性が長年どれだけ素晴らしいことをしてきたか、言葉では言い表せない。カースティは末期的な病気に苦しむ子供達のために何百万ポンドも集めてきた」と、ハワード氏の活動を称えた。

 また、「ギリシャとの予選で私は彼女と会い、それがラッキーチャームになった。いくつかの驚くべき瞬間をともにして、勇敢な人物に会うことでインスピレーションを貰ってきた。私の愛、そして心は、このような印象的な女性を失った家族や姉妹とともにある。安らかに眠って欲しい」とコメントし、ハワード氏の冥福を祈った。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る