2015.10.25

南野が6試合連続の先発…ザルツブルクは接戦を制し4連勝、首位守る

サッカー総合情報サイト

 オーストリア・ブンデスリーガ第13節が24日に行われ、日本代表FW南野拓実が所属するザルツブルクとSVリートが対戦した。南野は右MFで6試合連続の先発出場を果たしている。

 ザルツブルクは前節のアドミラ・ヴァッカー戦で8-0の大勝を収め、リーグ戦3連勝を飾った。これで首位のオーストリア・ウィーンに勝ち点24で並び、得失点差で首位に立った。今節の相手、SVリートとは第4節で対戦していて、4-1の勝利を挙げた。今回も快勝を収めたいところだ。

 試合は序盤からザルツブルクが攻め込む。8分、ジョナタン・ソリアーノが先制点を奪った。しかし、なかなか追加点を奪えない。すると27分、カウンターからSVリートがチャンスを作ると、左サイドを突破したクレメンス・ヴァルヒのスルーパスに抜けだしたパトリック・メシュルがGKとの一対一を制し、同点に追いついた。

 それでも地力で勝るザルツブルクは、32分にワンツーから抜けだしたナビ・ケイタがゴール右にシュートを決め、勝ち越しに成功する。

 後半もザルツブルクが攻勢に出たが、追加点は生まれず。2-1でザルツブルクがSVリートを下した。これでリーグ戦4連勝となり、首位をキープしている。なお、南野は82分まで出場した。

 次節、ザルツブルクは敵地でアルタッハと、SVリートはホームでアドミラ・ヴァッカーと対戦する。

【スコア】
ザルツブルク 2-1 SVリート

【得点者】
1-0 8分 ジョナタン・ソリアーノ(ザルツブルク)
1-1 27分 パトリック・メシュル(SVリート)
2-1 32分 ナビ・ケイタ(ザルツブルク)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る