2015.10.11

メキシコ、劇的弾でアメリカとの打ち合い制しコンフェデ杯出場権獲得

メキシコ代表
CONCACAFカップを制したメキシコ代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 FIFAコンフェデレーションズカップ2017に出場する北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)代表を決めるCONCACAFカップが10日に行われ、2015年のゴールドカップ覇者であるメキシコ代表と、2013年に同大会を制したアメリカ代表が対戦した。

 試合は10分、メキシコのゴールで動く。右サイドをパス交換で崩したメキシコは、オリベ・ペラルタがエリア内右に抜け出し中央へラストパスを供給。これをゴール前のハビエル・エルナンデスが押し込み先制に成功した。しかしアメリカもすぐに追いつく。15分、左サイドでFKを得ると、クロスボールにジェフ・キャメロンが飛び込み強烈なヘディングシュートを突き刺した。

 1-1のまま後半に入った59分、メキシコはゴール前のエルナンデスに決定機が訪れたがシュートをミスしてしまい勝ち越しゴールとはならず、試合は延長戦に突入する。

 すると96分、メキシコが勝ち越しゴールを決める。右サイドからのグラウンダーの折り返しをエリア内のペラルタが右足ダイレクトで蹴り込みゴールネットを揺らした。しかし諦めないアメリカは108分、エリア手前右からのスルーパスに抜けだしたボビー・ウッドがGKの股下を抜くシュートを決め、再び試合を振り出しに戻した。

 このままPK戦に突入するかに思われた118分、メキシコが三度リードを奪う。セットプレーの流れから高く上がったルーズボールがエリア内右に流れると、これに反応したパウル・アギラールが右足ダイレクトでボレー。完璧にボールを捉えたシュートは逆サイドネットに吸い込まれた。

 劇的なゴールでメキシコがスコアを3-2とすると、試合はこのまま終了。アメリカとの打ち合いを制したメキシコがCONCACAFカップ優勝を飾り、コンフェデレーションズカップ出場権を獲得した。

 2017年に開催される同大会には、開催国ロシア代表のほか、2014年にブラジル・ワールドカップを制したドイツ代表、アジアカップ2015で優勝したオーストラリア代表、コパ・アメリカ2015で初優勝を果たしたチリ代表の出場が決まっている。

【スコア】
メキシコ代表 3-2 アメリカ代表

【得点者】
1-0 10分 ハビエル・エルナンデス(メキシコ代表)
1-1 15分 ジェフ・キャメロン(アメリカ代表)
2-1 96分 オリベ・ペラルタ(メキシコ代表)
2-2 108分 ボビー・ウッド(アメリカ代表)
3-2 118分 パウル・アギラール(メキシコ代表)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る