2015.09.29

NYシティのビジャが好調をアピール「ここ数年では1番の状態だ」

ビジャ
NYシティに所属するFWビジャ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ニューヨーク・シティ所属の元スペイン代表FWダビド・ビジャがスペイン紙『マルカ』のインタビューに応じた。28日付の同紙が伝えている。

 24日に行われたMLS(メジャーリーグサッカー)第32節ホワイトキャップス戦でゴールを挙げたビジャは「自分を信じてやっている。自分がやっていること以上のことも以下のことも期待していなかった。ゴールを決めることができてよかったが、これからも得点を挙げていきたい」とコメントした。

 また、「MLSはフィジカルが厳しいリーグだ。コンディションが良くなければ苦労をする。比較の問題ではないけれど、僕は、ここ数年と同じ程度か1番良い状態だと思う」と自身のフィジカルコンディションが最高だと語った。

 しかしながら、ニューヨーク・シティは望んでいたほど好調ではない。チームについては「このチームに欠けていることは、安定性だ。一貫したプレーができない。特にリーグ開幕の頃が悪かったが、そのツケが今来ている」と話し、問題点を指摘した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る