FOLLOW US

“世界一のブラジルサポーター”が死去…W杯ドイツ戦の涙で有名に

ドイツ代表戦では1-7の大敗に涙したフェルナンデス氏(右) [写真]=Getty Images

 ブラジル代表の名物サポーターとして有名なクロヴィス・アコスタ・フェルナンデス氏が16日、60歳で亡くなったことが明らかになった。ブラジルメディア『Globo』が同日に報じている。

 同メディアによると、がんで亡くなったフェルナンデス氏は9年間に渡る闘病生活を送っていた模様。

 フェルナンデス氏は1990年のイタリア・ワールドカップから現在に至るまで、ブラジル代表の試合を現地で150試合以上観戦しており、訪れた国の数は60を超えているという。また、ワールドカップ決勝を7試合観戦したという経歴を持つ。

 2014年に行われたブラジル・ワールドカップ準決勝ブラジル代表対ドイツ代表戦では、1-7の敗戦を受けてレプリカトロフィーを抱えながら涙する姿が世界中の人々の印象に残り、「ガウーショ・ダ・コパ(カップ・カウボーイ)」として“世界一有名なブラジル代表サポーター”になっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO