FOLLOW US

絶好調のザルツ南野が2ゴールの活躍…公式戦3戦連発で逆転勝利に貢献

ザルツブルク所属のFW南野拓実(写真は8月のもの) [写真]=Getty Images

 オーストリア・ブンデスリーガ第8節が12日に行なわれ、FW南野拓実が所属するザルツブルクとグレーディヒが対戦した。

 公式戦2試合連続ゴールと好調の南野が先発メンバーに名を連ねたザルツブルクだったが、先手を取られてしまう。19分にグレーディヒのルーカス・ヴェヌートに先制ゴールを奪われると、26分にはアンドレアス・ウルマーがオウンゴール。不運な形で追加点を取られたガラタサライは序盤に2点のビハインドを背負う。

 それでも、34分にハニー・ムフタールに代えてヤシン・ペフリヴァンを投入したザルツブルクは、直後の36分に1点を返す。南野とのコンビでバロン・ベリシャがエリア内に進入すると、ベリシャがDFに倒されてこぼれたボールを拾った南野が冷静に左足で蹴り込みゴールネットを揺らした。

 1-2のスコアで前半を折り返し迎えた51分、ザルツブルクが試合を振り出しに戻す。ジョナタン・ソリアーノからパスを受けたナビ・ケイタがエリア内に抜け出しが右足シュートを決め同点に追いついた。

 すると71分、ザルツブルクが逆転に成功する。前線でボールを奪いエリア手前のホーヴァル・ニールセンにパスが通ると、これをダイレクトで南野につなげる。絶妙なファーストタッチでエリア内に侵入した南野は、DFに足をかけられ倒れ込みながらも飛び出したGKを制して右足のシュートを流しこんだ。

 逆転したザルツブルクは75分、南野がエリア内で倒されて得たPKをソリアーノがきっちり決めて突き放すと、試合はその後スコアが動かず終了。ザルツブルクは先に2点を奪われたものの、南野の公式戦3試合連続ゴールを含む2得点など4点を返して逆転勝利を収めた。

 次節、ザルツブルクはアウェーでヴォルフスベルガーと対戦する。

【スコア】
ザルツブルク 4-2 グレーディヒ

【得点者】
0-1 19分 ルーカス・ヴェヌート(グレーディヒ)
0-2 26分 OG(アンドレアス・ウルマー)(グレーディヒ)
1-2 36分 南野拓実(ザルツブルク)
2-2 51分 ナビ・ケイタ(ザルツブルク)
3-2 71分 南野拓実(ザルツブルク)
4-2 75分 ジョナタン・ソリアーノ(PK)(ザルツブルク)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO