FOLLOW US

ブラジルが米遠征、フッキ弾でコスタリカ下す…ネイマール途中出場

コスタリカ戦に途中出場したネイマール(左) [写真]=Getty Images

 国際親善試合が5日に行われ、コスタリカ代表とブラジル代表がアメリカのニュージャージー州で対戦した。

 10月に行われるロシア・ワールドカップ予選に向けたチーム作りを図るブラジルは、アメリカで2連戦に臨む。この日のスターティングメンバーには、所属するバイエルンで好調を続けているMFダグラス・コスタらが名を連ねた。

 試合は序盤からブラジルが攻勢に出る。5分、ゴール手前正面やや右の位置でFKを獲得すると、フッキが左足で強烈なシュートを放ったが、ここはGKパトリック・ペンベルトンが正面でキャッチした。

 続く10分、自陣右サイドでコスタリカからボールを奪ったダニーロが、前線にロングボールを蹴りこむ。ボールは一度相手DFにわたったが、フッキがこれを奪い返してエリア内右に進入。倒れ込みながらゴール右にシュートを決め、ブラジルが先制に成功した。

 その後もブラジルの攻撃は続く。17分、右サイドに開いたルーカス・リマが中央に走り込んだフェルナンジーニョへパスを送る。フェルナンジーニョはワンタッチでエリア内右に進入するとそのまま右足を振りぬいたが、ボールはGKペンベルトンの好セーブに阻まれてしまった。その後はお互いに大きなチャンスを作ることができず、1-0でブラジルがリードして前半終了を迎えた。

 後半もブラジルのペースが続く。54分、左サイドに抜けだしたD・コスタがドリブルで持ち上がると、エリア内左から中央に切り込み右足でシュート。しかし、ここはわずかに枠の右上に外れてしまった。

 直後の55分、コスタリカがネットを揺らす。左サイドからロングボールが送られると、中央に走り込んだブライアン・ルイスが左足ダイレクトボレーをゴール左上に突き刺した。コスタリカが同点に追いついたかに思われたが、オフサイドという微妙な判定で得点は取り消された。

 ピンチを脱したブラジルが再びペースを握る。58分、中盤左でボールを持ったフッキが左サイドのD・コスタへパス。D・コスタがドリブルを仕掛け、ゴール前に鋭いグラウンダーのクロスを入れると、ボールはゴール前を抜けてファーサイドのウィリアンの元へ。ウィリアンが右足ダイレクトで合わせたが、ここは惜しくも枠の右に外れてしまった。

 ブラジルは82分からネイマールを投入して追加点を狙いにいったが、ゴールを割ることができず、1-0でブラジルがコスタリカを下した。

 ブラジルは8日にアメリカのマサチューセッツ州でアメリカ代表と対戦する。

【スコア】
コスタリカ代表 0-1 ブラジル代表

【得点者】
0-1 10分 フッキ(ブラジル代表)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA