2015.08.19

マラドーナ氏が薬物脱却を明言「娘や孫に囲まれた生活を選んだ」

マラドーナ
元アルゼンチン代表のマラドーナ氏 [写真]=Getty Images for Soccerex

 元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が薬物依存から脱却して12年が経つとSNSで明かした。イギリス紙『ガーディアン』が17日付で伝えている。

 現役時代は常に薬物使用疑惑につきまとわれてきたマラドーナ氏。1991年にコカイン使用疑惑でブエノスアイレス市内で逮捕されると、1994年のアメリカ・ワールドカップではドーピング検査にひっかかり15カ月の出場停止処分を受けている。

 17日にフェイスブックに投稿された動画で、マラドーナ氏はドバイにある自宅を案内しながら薬物依存から脱却したきっかけを語っている。同氏は「現在は家庭的な生活を送っている。薬物から離れて12年の月日が経った。毎朝起きたときに今ある生活が続いていることに安心する。私は娘や孫に囲まれて過ごす生活を選び、それが実現したんだ」と述べ、平穏な生活のために薬物を断ったことを明かした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る