FOLLOW US

コスタリカ代表ワンチョペ監督が乱闘し辞任…かつてFC東京にも所属

辞任したワンチョペ監督 [写真]=AMA/Getty Images

 コスタリカサッカー協会は12日、同国代表を率いていたパウロ・ワンチョペ監督の辞任を発表した。同協会公式HPが伝えている。

 大手メディア『スカイスポーツ』によると、ワンチョペ監督は11日に行われたリオデジャネイロ五輪北中米カリブ海予選パナマ代表戦を観客席で観戦。U-23コスタリカ代表が得点を奪うことができず0-0の引き分けに終わると、ピッチへ降りようとして警備員と乱闘を起こしたという。

 現在39歳のワンチョペ監督は、現役時代マンチェスター・Cやマラガなどで活躍すると、2007年には半年間FC東京に在籍し、日本で公式戦通算16試合出場3得点を挙げた。今年2月からはそれまで監督代行を務めていたコスタリカ代表を正式に率いていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA