FOLLOW US

過激派組織ボコ・ハラムに狙われたカメルーン代表MFの家族をトルコ政府が救う

トラブゾンスポルに加入したエムビア [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 トラブゾンスポルに所属するカメルーン代表MFステファヌ・エムビアの家族が住む村が、ナイジェリアの過激派組織ボコ・ハラムの襲撃を受け、トルコ外務省が支援要請に応じた。トルコメディア『Haberturk』が報じている。

 近年ナイジェリアなどアフリカ西部で勢力を広めているイスラム系過激派組織ボコ・ハラムは、先日カメルーンで100名以上を誘拐するとともに、8名を殺害するテロを起こしている。

 エムビアの家族が住んでいる集落もその襲撃を受け、同選手はトルコ外務省に避難を受け入れてくれるよう求めていた。トルコ政府はその要請に応え、大使を派遣して避難を支援するとともに、ビザを発給しトルコで受け入れること決断したとのことだ。

 既にエンビアの家族は4日夜にトルコに到着しており、ヨーロッパで新たな人生をスタートさせる予定であるという。

 エムビアは以下のようにコメントしている。

「自分の人生が終わるまで、この支援を受けたことを決して忘れることはないだろう。本当に感謝したい。会長のイブラヒム・ハチュオスマノグルをはじめ、全ての人にお礼を言いたい。今、父と母、二人の兄弟は安全な地にいる。それは僕をサッカーに集中させてくれるだろう」

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO