2015.07.29

ゴールド杯制覇から2日…メキシコ、記者への暴力でエレーラ監督を解任

エレーラ
メキシコ代表をゴールドカップ制覇に導いだエレーラ監督 [写真]=AMA/Getty Images

 メキシコサッカー連盟は28日、同国代表チームを率いるミゲル・エレーラ監督を解任したと、公式サイトで発表した。

 メキシコ代表は、26日に行われたCONCACAFゴールドカップ2015の決勝でジャマイカ代表を撃破し、10回目の大会制覇(CONCACAF選手権も含む)を果たした。しかし、大手メディア『スカイスポーツ』によると、翌27日、帰国途中のアメリカ・フィラデルフィア空港で、エレーラ監督が批判的な記者に対して暴力を振るったと報じられていた。

 同監督は、メキシコ紙『エル・ユニバーサル』に対して、「記者と私は議論していた。私は彼を押しただけだ」とコメント。しかし、ゴールドカップ制覇からわずか2日後の28日、この騒動を受けて、同連盟のデシオ・デ・マリア会長が記者会見を開き、エレーラ監督の解任を発表している。

「暴力は、社会や家庭内、そしてサッカー界やいかなるスポーツにおいても、あるべきものではない」

「私は、連盟の同僚たちみんなと話し合いをした結果、道理に基づき、ミゲル・エレーラ監督の解任を決定しました。この決断は簡単なものではなく、複雑なものでした。しかし、私たちの在り方や、在るべき姿を示しました」

「私はミゲルと会って、長い時間、深い話をした結果、この決断に至りました。ミゲルはこの決断を理解してくれていると思います。私たちの価値観と原則は、どのような結果であれ優先されるものです」

 エレーラ氏は、2013年にメキシコ代表の指揮官に就任。翌年のブラジル・ワールドカップでは本戦出場に導き、6大会連続のベスト16で終えていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
アーセナル
6pt
レスター
5pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
フライブルク
6pt
レヴァークーゼン
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
4pt
バジャドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング