2015.07.22

リーベルが南米制覇に王手…2戦合計で勝ち抜きリベルタ杯決勝に進出

アラーリオ
アラーリオの同点弾を喜ぶリーベルの選手たち [写真]=LatinContent/Getty Images

 7月21〜22日に行われたコパ・リベルタドーレスの準決勝セカンドレグ。パラグアイの首都アスンシオンで行われたグアラニーとリーベル・プレートに対戦は、1-1で終了。この結果、ファーストレグを勝っていたリーベルの決勝進出が決まった。

 前半は敵地に乗り込んだリーベルがより多くのチャンスを作ったが、相手の堅い守備を崩しきれず0-0でハーフタイムを迎えた。

 均衡が破れたのは、エンドが替わった後半。61分、右サイドから上げたクロスに合わせたフェデリコ・サンタンデールのヘディングシュートはゴールポストに当たったが、左サイドへ流れたボールをマルセーロ・バルサレッティが折り返すと、最後はフェルナンド・フェルナンデスが左足でゴールへ流し込んでグアラニーが先制した。

 グアラニーは68分にもビッグチャンスを演出したが、クロスに合わせたフェルナンド・フェルナンデスのヘディングシュートはカルロス・サンチェスがゴールラインの手前でクリア。対するリーベルは72分にスルーパスで左サイドへ流れたロドリーゴ・モラのクロスにルーカス・アラーリオが頭で合わせたが、枠を捕らえたシュートはキーパーが右手一本でピッチの外へ弾き出した。

 アウェイゴールを取りたいリーベルは75分にフェルナンド・カベナギを投入。するとカベナギは78分に最終ラインの裏へ飛び出して相手ゴールを脅かした。すると79分にカミーロ・マジャダが前線へ送ったボールに反応したアラーリオが、飛び出したキーパーの位置を確認してループシュートを決めて1-1とした。

 リーベルはその後も決定機を作ったが、追加点は奪えず。それでも相手に2点目を許さず引き分けで決勝進出を決めた。

 リーベルは29日と8月5日に行われる決勝で、インテルナシオナル(ブラジル)とUANLティグレス(メキシコ)の勝者と対戦する。

(記事/Cartao Amarelo)

【スコア】
グアラニー 1-1(2試合合計:1-3) リーベル・プレート

【得点者】
1-0 61分 フェルナンド・フェルナンデス(グアラニー)
1-1 79分 ルーカス・アラーリオ(リーベル・プレート)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る