2015.07.22

ギリシャ代表監督がわずか5カ月で辞意表明…協会は認めない構えか

3月のユーロ予選ハンガリー戦で指揮を執るマルカリアン監督 [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 ギリシャ代表を率いるセルヒオ・マルカリアン監督が、成績不振を理由に就任からわずか5カ月で辞任を表明した。21日、FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイトが伝えている。

 マルカリアン監督は今年2月、ユーロ2016予選で4試合を終えて1分3敗と低迷していたギリシャ代表の指揮官に就任。しかし、その後の同予選2試合でも1分1敗と不振を抜け出せず、ギリシャはグループFの最下位に沈んでいる。

 同監督は「私は重要な時にギリシャに来た。しかし我々の戦いの結果は良いものではなく、私はファンに謝罪しなければならない」との声明を発表。

 そして「私はこの機会を与えられたことを神に感謝している。ファン、選手だけでなくメディアにも感謝したい。大きな愛情を感じ、就任初日から自分の仕事をすることができた」と感謝を示した。

 しかしEPO(ギリシャ・サッカー協会)の広報担当者によると、22日にEPOの社長とマルカリアン監督が会談を行う予定だが、同監督の辞任は認められない可能性が高いという。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング