2015.07.07

LAギャラクシー加入のジェラードは元マンU?…現地米国での知名度は

ジェラード
LAギャラクシーのファンに挨拶したジェラード [写真]=Getty Images

 今夏、リヴァプールからMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍した元イングランド代表主将のMFスティーヴン・ジェラードが、現地であまり知られていないことが明らかとなった。6日のイギリスメディア『スカイスポーツ』などが報じている。

 ジェラードは故郷のリヴァプールで17年間プレーし、イギリスでは国を代表する顔として広く認知されているが、サッカーが発展途上のアメリカではその知名度が低いことが浮き彫りとなった。

 同メディアが今回の移籍を受けて、ロサンゼルスのハリウッドで街頭インタビューを行ったところ、「分からない」、「誰のことだ?」、「マンチェスター・Uでプレーしていた選手?」、「知らないけど、デイヴィッド・ベッカムなら知ってる」などという回答が躍った。

 ジェラードは5日にホームにて4-0で勝利したトロントFC戦のハーフタイムにピッチに現れてファンに対し、「早くスパイクを履いてプレーしたい」とあいさつした。早ければ18日のサンホセ・アースクエイク戦でデビューとなるが、新天地で先輩のベッカム氏が築いた知名度を獲得できるかどうかにも注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る