2015.07.06

ユーヴェMFピルロのニューヨーク移籍が決定…ランパードらの同僚に

ピルロ
ユヴェントスから退団が発表されたピルロ [写真]=VI Images via Getty Images

 ユヴェントスに所属するイタリア代表MFアンドレア・ピルロが、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティへ移籍することが決定した。6日、ユヴェントスの公式HPが発表している。

 現在36歳のピルロは、1995年に地元ブレシアでプロデビューを遂げた。その後、インテル、レッジーナなどでプレーし、2001年にミランへ移籍する。当時チームを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督の下、2002-03シーズンにチャンピオンズリーグを制覇。翌2003-04シーズンにはセリエA優勝も経験した。

 2011年夏にユヴェントスへ移籍すると、初年度からチームのセリエA優勝に大きく貢献。現在までの4年間で4連覇を達成したチームの中心選手として君臨し続けた。また、イタリア代表としては2006年にドイツ・ワールドカップ優勝も果たしている。

 発表に併せてユヴェントスは同選手の偉大な功績を振り返り、「今までありがとう、マエストロ」と、感謝の気持ちを表明した。

 なお、新天地のニューヨーク・シティには、元イングランド代表MFフランク・ランパードと元スペイン代表FWダビド・ビジャも在籍している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る