2015.07.06

アルビレックス新潟シンガポールが準決勝で3得点を奪いリーグカップ決勝進出

アルビレックス新潟シンガポールが3得点を奪い、リーグカップ決勝進出を決めた

 2015Sリーグカップ(シンガポールリーグカップ)準決勝が5日に行われ、アルビレックス新潟シンガポールとゲイラン・インターナショナルが対戦した。

 試合は開始からアルビレックス新潟シンガポールが主導権を握る。11分、左サイドで多木理音がファウルを受けてFKを獲得すると、木暮郁哉から絶妙なボールが送られる。相手GKの目の前に飛び込んだ河田篤秀が頭でコースを変えてフィニッシュ。河田篤秀の2試合連続ゴールで幸先良く先制点を挙げる。

 36分には右サイドからの攻撃でチャンスを作ると、公式戦5試合ぶりの出場となった山田幹也が右足のクロス。しかし、ギリギリのところで合わせられず、追加点には結びつかない。

 一方のゲイラン・インターナショナルは、前線のブルーノ・カスタニェイラにボールを送り起点を見出そうとするが、うまくいかず攻撃を組み立てることができない。アルビレックス新潟シンガポールが終始試合を支配し、前半を1点リードで終える。

 79分、追加点がほしいアルビレックス新潟シンガポールは長崎健人を投入。すると直後の82分、その長崎健人が中央をドリブルで突破するとそのまま右足で狙う。相手GKの頭上を越えたシュートが決まりゴール。出場からわずか3分、長崎健人の芸術的な得点で待望の追加点を奪うことは成功する。

 87分、相手ゴール正面で獲得したFKを木暮郁哉が右足でゴール左隅に叩き込みダメ押しの3点目。木暮郁哉の今季公式戦初ゴールで勝利を確実にする。試合はそのまま終了。アルビレックス新潟シンガポールは危なげない試合運びでリーグカップ決勝進出を決めた。

 2011年以来4年ぶり2度目のリーグカップ優勝を目指すアルビレックス新潟シンガポールは、バレスティア・カルサとホーガン・ユナイテッドの勝者と対戦。決勝戦は7月10日(金)にジャランべサルスタジアムで行われる。

【スコア】
ゲイラン・インターナショナル 0-3 アルビレックス新潟シンガポール

【得点者】
0-1 11分 河田篤秀(アルビレックス新潟シンガポール)
0-2 82分 長崎健人(アルビレックス新潟シンガポール)
0-3 86分 木暮郁哉(アルビレックス新潟シンガポール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る